レバレッジ 酒風呂の効果と入浴法 - とにかく健康の雑学と豆知識 Your SEO optimized title

酒風呂の効果と入浴法 - とにかく健康の雑学と豆知識

酒風呂の効果と入浴法


きょうは、酒風呂についてです。

以前、お酒のカロリーについての記事をご紹介しましたが、

きょうは、お酒を飲むのではなく、お酒に入るのです。

これで、美肌と健康作りをしてみませんか?



酒風呂.jpg

『酒風呂の魅力と効果』
保湿・美肌
◎純米酒は肌の保湿に欠かせない天然アミノ酸の宝庫。
◎酒風呂に入ると肌がつるつる、すべすべになります。
◎湯上りの肌がしっとりうるおいます。
◎お風呂のお湯がまろやかになります 。

保温・発汗
◎保温・発汗作用に優れ、新陳代謝が促進されます。
◎身体の芯から手足の先まで温まります。
◎湯上りもポカポカ温かく、湯冷めしにくくなります。
◎冷え性や夏場のクーラー病でお悩みの方にもおすすめです。
◎身体にたまった疲労感を汗と一緒に洗い流します。

リラックス
◎ほんのり漂う日本酒の香りでリラックスできます。
◎ハーブや果実などと相性がよく、香りや入浴効果を高めます。

『酒風呂の入り方』
◎家庭用の浴槽に、いつも入浴するのと同じ湯量、温度でお風呂を沸かします。

◎自分の好みの湯加減になったら、日本酒5合(0.9リットル)を湯船に入れ、よくかき混ぜて入浴します。

◎体が温まったら、いつもと同じように湯船の外に出て体を洗います。再び湯船につかって温まり、温まったと思ったらあがります。

◎皮膚病、ぜんそく、リューマチ、糖尿病、高血圧、心臓疾患などの病気をお持ちの方には刺激が強い場合があります。

◎ふつうのお風呂と同じように家族全員が順番に入ってかまいませんが、酒風呂は洗浄力が非常に強いので、お湯の汚れがひどくなります。
入り終わって数時間すると、お湯が黒ずんだ乳白色になります。
汚れがひどい場合は一日でお湯を捨てましょう。
何日か酒風呂に入れば汚れが少なくなります。
そうなったら次の日、もう一度沸かして、酒を0.5リットル加えればまた使えます。
ただし、これも二日間が限度です。


『酒風呂に適したお酒』
使う日本酒は2級酒など安いもので十分です。
ただし、合成酒ではだめです。

お酒といってもビールやワイン、ウイスキー、焼酎など各種ありますが、入浴には日本酒、特にお米と水だけでできた純米酒がおすすめです。

純米酒には肌の保湿に欠かせない天然アミノ酸がたっぷり含まれ、お風呂上りの肌が吸い付くようにしっとりうるおいます。また、血液の流れをよくし、新陳代謝を促進して身体の芯から手足の先まで温めてくれます。湯冷めしにくく、たっぷり汗が出るのも特長です。

ネタ元
http://www.sakeburo.jp/study/index.php

http://www.sakeburo.com/sakeburo3.html

http://sendai-dokan.jp/contents/sakeburo3.html

他参考
http://sakekara.com/effect/sake

酒風呂以外の手作り入浴剤
http://yuge.moo.jp/onsen/onnyuyokuzai.htm

ここは記事下のフリースペースです
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。