レバレッジ 腹式呼吸 - とにかく健康の雑学と豆知識 Your SEO optimized title

腹式呼吸 - とにかく健康の雑学と豆知識

腹式呼吸


きょうは、腹式呼吸についてです。

意外と知っているようで知らないですよね。

これは、わたしの経験からも言ってもかなり、効果があります。

是非、実践してみてください。


『腹式呼吸』


腹式呼吸はさまざまな健康上の効果があると報告されており、腹式呼吸を続けることによって、体のむくみや肩こり・冷え性・生理痛・生理不順・疲労・便秘・高血圧・低血圧などが改善され、また花粉症・アレルギー性鼻炎・食物アレルギーなどのアレルギー症状の緩和、不眠症・過食症・拒食症・うつ病などの精神的な疾患に対しても効果があると言われている。

腹式呼吸.gif


<腹式呼吸の方法・実際のやり方>

●腹式呼吸法手順1
上体を前傾姿勢にしてお腹を両手で押さえ、5秒くらいの時間をかけて口から息を吐き出す。

●腹式呼吸法手順2
上体をゆっくりと立てながら鼻からゆっくりと息を吸う。少しずつお腹がふくらませていく感じ。吸った息を丹田にためていく感じを持つ。 

●腹式呼吸法手順3
ゆっくりとお腹がをへこませながら口からゆっくり時間をかけて息を吐く。息を吐ききったと思ったところで、さらに最後に肺に残る息を出すようにして全部吐ききるようにする。

●腹式呼吸法手順4
鼻から吸って口から吐くことを基本とし、これを繰り返す。


<腹式呼吸のトレーニングの仕方>

●最初は吸うのに5秒、吐くのに10秒ぐらいの時間を目安とする。
●徐々に慣れてきたら、吸う時間を長くしていき、吐く時間はその3倍をかけるようなイメージで行う。
●最終的には吸うのに10秒、吐くのに30秒を目標として、ゆっくり時間を延ばしていく。
●息を吐くときは口を薄く開いて自然に息が漏れるような感覚で行う。肺に残っている空気を最後まで絞り出すように吐き出す。


<腹式呼吸の実践で注意すべきポイント>  

●リラックスした雰囲気で行うこと。
●腹式呼吸をやっている間は、目を閉じないこと
●息を吐き出す際にはゆっくりと吐き出し、一気に強く吐かないこと。
●腹式呼吸の途中で息を止めないこと



ソース元 http://fukusikikokyu.sblo.jp/
ここは記事下のフリースペースです
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。