レバレッジ 食事中のお茶について - とにかく健康の雑学と豆知識 Your SEO optimized title

食事中のお茶について - とにかく健康の雑学と豆知識

食事中のお茶について



きょうは、食事中のお茶が、実は良くないという記事です。

これには、ちょっと驚きです。

お茶好きのわたしにとっては拷問に近いです・・・

記事を読んでいるとなるほどな・・・

と、納得するんですが・・・

これからは、食事中は、水なんですかね?

わたしは、あまり貧血にならないから、いいのかな?


貧血時!食事中にお茶を飲まない方がよい』

和食とお茶.jpg


薬をお茶で飲んではいけない!
といいますが、それにはちゃんとした理由があるのです。


お茶にはタンニンという成分が含まれいます。
このタンニン!鉄分とすごく仲がいいのです!


出会ってしまうと離れない


鉄分が含まれている貧血のお薬、
または抗生物質などをお茶と一緒に飲んでしまうと、
鉄分とタンニンとが結びついてしまい、
鉄分が体内に吸収されないのです


食事も同じ事がいえます。


食べ物と一緒にお茶を飲んでしまうと、
食べ物の中に含まれる鉄分が体内に吸収されにくくなってしまいます。


ヘモグロビンをご存知でしょうか?


呼吸で酸素が得られますが、
この酸素を体全体に運ぶのがヘモグロビンのお仕事です。


そして、このヘモグロビンの原動力になるのが鉄分なのです。


貧血の人はヘモグロビンに含まれる鉄分が少ないので、
体全体に酸素が行き渡らず・・・・ 酸欠状態になってしまいます。
タンニンはコーヒーにも含まれています。


最近貧血気味だな〜と思ったならば、
食事中のお茶やコーヒーなどは控えた方がよろしいかと思います。




ソース元 貧血時!食事中にお茶を飲まない方がよい


ここは記事下のフリースペースです
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。