レバレッジ 「ブロッコリーでがん予防とピロリ菌退治」 - とにかく健康の雑学と豆知識 Your SEO optimized title

「ブロッコリーでがん予防とピロリ菌退治」 - とにかく健康の雑学と豆知識

「ブロッコリーでがん予防とピロリ菌退治」

きょうは、

 「ブロッコリーでがん予防とピロリ菌退治」

についてです。

ブロッコリーには、発ガンを抑制するスルフォラファンが多く含まれてます。

ブロッコリー.jpg

「スルフォラファンとは」
ブロッコリーには、グルコラファニンと呼ばれる化学物質と酵素ミロシナーゼが含まれています。
生のブロッコリーを砕いたり、噛んだりしたときに、
ブロッコリーに含まれるグルコラファニンとミロシナーゼという物質が結びついて
スルフォラファンへと変化します。

スルフォラファンは、解毒酵素を誘導して発ガン物質を無毒化し、発ガンを抑制します。
スルフォラファンは大豆レシチンと一緒に摂取すると吸収率が高まると言われています。
普通のブロッコリーと比べて特定のブロッコリースプラウトにはスルフォラファンが100倍以上含まれ、
週に20〜30g食べるとガンの発生率を半分に減らすことができると言われています。


ブロッコリースプラウト.jpg

スルフォラファンは、キャベツ、菜の花、大根などにも含まれています。


「ブロッコリー栄養成分」
ビタミンCが、レモンの約2倍、じゃがいもの7倍含まれています。
その他、タンパク質、ビタミンA、ビタミンB郡、ビタミンK、カルシウム、カリウム、食物繊維が豊富に含まれています。
1株でおよそ40キロカロリーと低カロリー。

ブロッコリー栄養.jpg

「ブロッコリー効能」
・発がん物質や有害物質を体外に排泄する機能を高める
 (この作用は持続性があり3日以上も続く)
・胃癌の原因の一つといわれているピロリ菌の殺菌効果
・血中のコレステロールを下げる
・抗酸化作用の大きい葉緑素(クロロフィル)が豊富
・インスリンの働きを助けて血糖をコントロールするミネラル成分のクロムが含まれる
・胃粘膜を保護して胃潰瘍や十二指腸潰瘍を防ぐビタミンUが含まれる
・肝臓内にある解毒酵素の働きを活性化



「冷凍ブロッコリーでの注意」
スーパーなどで売られている冷凍ブロッコリーは、
冷凍野菜の製造工程でミロシナーゼが壊れてしまいます。
冷凍ブロッコリーを食する場合、ミロシナーゼを含んでいる別の生野菜と同時に食べることで、
スルフォラファンを作ってあげなければいけません。

ミロシナーゼを含む野菜
・キャベツ
・クレソン
・わさび ==>参考記事 ガン予防!!ブロッコリー&わさび
・西洋わさび
・ハツカ大根(ラディッシュ)
・マスタード
などがあります。


「ブロッコリーの効果的調理法」
スルフォラファンを効率的に摂取するには「蒸す」のがベストです。
ブロッコリーを5分間蒸したときにミロシナーゼが最も多く残ります。
・茹でる、または電子レンジで加熱したするとミロシナーゼの大部分が破壊され、
スルフォラファンの効果が得られません。








ここは記事下のフリースペースです
QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。