レバレッジ 飲み物 - とにかく健康の雑学と豆知識 Your SEO optimized title

飲み物 - とにかく健康の雑学と豆知識

牛乳に含まれるカルシウムについて


きょうは、牛乳に含まれるカルシウムについてです。
牛乳には、カルシウムが豊富に含まれて健康に良いと言われています。
牛乳=カルシウム・・・本当にそうなのでしょうか?
ちょっと、調べてみました。


人間の骨は、18歳ごろを境に、歳をとるごとに少しずつ減っていきます。
つまり、カルシウムの吸収率も落ちてくるということです。

特に女性は、閉経を迎える50歳前後からカルシウムの吸収率が下がり、
骨粗しょう症になりやすいといわれています。

日本人のカルシウム接収量、一日あたり約500mgが目安です。
しかし、1日の摂取量としては、およそ100〜200mgが不足していると
考えられています。


牛乳に換算すると、およそ100〜200ml分に相当します。


牛乳にはカルシウムが豊富に含まれていますが、
実際、カルシウムとして吸収されるのは、およそ50%程度と言われています。

それには、訳があるのです。

カルシウムにはいくつかの種類があり、
それぞれ吸収率が異なるのです。


牛乳カルシウム.jpg

【 リン酸カルシウム 70% 】
ミルクカルシウムとも呼ばれ、牛乳中に70%ほど含まれています。
このカルシウムは不溶性で、体内で利用されにくいとわれています。
乳製品の体内のカルシウム吸収率が5割というのもそのためです。

 
 
【 クエン酸カルシウム 25% 】
牛乳中には25%がクエン酸カルシウムを含み、非常に吸収率の良い
カルシウムです。
工業的に生産され、豆腐などの凝固剤での利用や栄養強化食品の
添加物にも使われます。



【 炭酸カルシウム 0% 】
牛乳中には炭酸カルシウムはほとんど含まれておらず、貝殻や卵の殻
の成分です。酸を中和する働きをもっており、胃酸過多症に対する薬剤
としても使われます。そのためなのか、「胃の痛みには牛乳を飲むと良い」
と言われることもありましたが、むしろ胃酸が出過ぎて胃が痛い場合には、
牛乳ではなく、卵の殻を粉末にして摂るほうが症状がおさまるでしょう。
吸収率は、クエン酸カルシウムと変らないといわれています。

 
 
現在では様々なカルシウム強化食品が作られていますが、吸収率で選ぶ
場合、リン酸カルシウムより、炭酸カルシウムやクエン酸カルシウムが添加
された食品を選ぶと良いでしょう。





ソース元 牛乳に含まれるカルシウムについて

なるほど、カルシウムにも種類があるんですね。


野菜ジュース VS 生野菜


きょうは、野菜ジュースと生野菜の摂取についての記事です。

わたしも、以前から野菜が不足しているなと思うと

野菜ジュースを飲んで、代用補給すればいいか・・・

と、思っていたのですが、調べてみると

やっぱり、野菜ジュースだけじゃ、ダメみたいですね。

糖尿病のわたしは、よく大根おろしを食べます。

大根おろしを食べると、驚くほど、血糖がかなり下がるんです。

やっぱり、何でもバランスよく食さないとダメなんですね。



『野菜ジュースを飲めば生野菜は食べなくてもいいの?』


野菜ジュースVS生野菜.JPG


野菜ジュースを飲めば野菜は食べなくても大丈夫かなぁ!?


野菜が入っているジュースを飲めば、

野菜を食べた事と一緒になると思うのですが・・・  

実際のところどうなのでしょうか??


結論からいうと・・・・

野菜ジュースだけでは栄養が補えないので、

生野菜も食べないといけないそうです。



というのも、野菜ジュースの中には栄養価が高いものもありますが、

ミキサーなどにかけると、ビタミンなどの栄養素が壊れてしまうのです。


また、ビタミンの中でも酸化に弱いもがあり、

加工する過程や保存しているうちに失われてしまう栄養素もあるのです。


さらに、野菜ジュースの中には加熱処理をされたものがあり、

これにより栄養素が壊れてしまう事もあるようです。


つまり、「生野菜を食べたときに摂取できる栄養素」と

「野菜ジュースで摂取できる栄養素」では栄養そのものが微妙に異なるのです。


野菜ジュースは、あくまでも補助的に栄養を補うものだと割り切って、

適度に生野菜も食べる事をお勧めします。




ソース元 野菜ジュースを飲めば生野菜は食べなくてもいいの?

食事中のお茶について



きょうは、食事中のお茶が、実は良くないという記事です。

これには、ちょっと驚きです。

お茶好きのわたしにとっては拷問に近いです・・・

記事を読んでいるとなるほどな・・・

と、納得するんですが・・・

これからは、食事中は、水なんですかね?

わたしは、あまり貧血にならないから、いいのかな?


貧血時!食事中にお茶を飲まない方がよい』

和食とお茶.jpg


薬をお茶で飲んではいけない!
といいますが、それにはちゃんとした理由があるのです。


お茶にはタンニンという成分が含まれいます。
このタンニン!鉄分とすごく仲がいいのです!


出会ってしまうと離れない


鉄分が含まれている貧血のお薬、
または抗生物質などをお茶と一緒に飲んでしまうと、
鉄分とタンニンとが結びついてしまい、
鉄分が体内に吸収されないのです


食事も同じ事がいえます。


食べ物と一緒にお茶を飲んでしまうと、
食べ物の中に含まれる鉄分が体内に吸収されにくくなってしまいます。


ヘモグロビンをご存知でしょうか?


呼吸で酸素が得られますが、
この酸素を体全体に運ぶのがヘモグロビンのお仕事です。


そして、このヘモグロビンの原動力になるのが鉄分なのです。


貧血の人はヘモグロビンに含まれる鉄分が少ないので、
体全体に酸素が行き渡らず・・・・ 酸欠状態になってしまいます。
タンニンはコーヒーにも含まれています。


最近貧血気味だな〜と思ったならば、
食事中のお茶やコーヒーなどは控えた方がよろしいかと思います。




ソース元 貧血時!食事中にお茶を飲まない方がよい



牛乳にダイエット効果がある


きょは、牛乳の効能って言うか、ほんとに?

という記事をご紹介します。

半信半疑ですが、試してもいいのではないでしょうか・・・



牛乳にダイエット効果があると判明

牛乳.jpg


イスラエルの研究者の発表によると、牛乳をよく飲む人は飲まない人に比べて、

体重が減る傾向にあることが判明した。研究者は40〜65歳の男女約300人を

2年間追跡調査した結果、体重の減り方に明らかな差があったと説明している。

はたしてその効果はいかなるものなのか?


この研究は、アメリカの『臨床栄養ジャーナル』の最新号に掲載されたもの。

研究者は太りすぎと指摘されている40〜65歳の男女322人を、

2年間にわたって追跡調査し、体重と食生活の関係を分析した。

その結果、毎日コップ2杯以上の牛乳を飲んでいる人は

平均して5.4キロ体重が減少していた。また、コップに半分の量を飲む人でも、

約3.2キロの減量が見られたそうだ。


この結果について栄養学者のダグラス・ハズバンド博士は

「牛乳には空腹感をやわらげる効果がある。

おなかのすいた時に1杯の牛乳を飲むことにより、食べすぎを抑制できる。

また、間食を控えるのにも役立つだろう」と説明し、

「ソーダなど、砂糖を多く含む清涼飲料を遠ざけるのにも役立つ」と付け加えた。

このほかにも、牛乳に含まれるタンパク質がエネルギーレベルを向上し、

積極的な行動をうながすとも指摘している。


ちなみに9月27日付けの東京新聞インターネット版によれば、

健康科学大学学長の折茂学長をはじめとする研究会が、

「牛乳はメタボリック症候群に効果がある」との研究結果を発表している。

牛乳を多く摂取している人は、摂取しない人に比べてメタボ有病率が

低いことが判明したのだ。


この研究が正しければ、牛乳にダイエットに効果があると考えて良さそうだ。

ダイエットに挑戦中の人は、運動や食事制限と合わせて牛乳を飲んでみてはいかがだろうか。

by ロケットニュース24

意外と知られていないお酒のカロリーについて


きょうから、『これイイネ!』というブログをはじめます。

いろんなサイトを見て回り、これって参考になるなぁ・・・

という記事をご紹介していこうと思ってます。

お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。


最初にご紹介する記事は、『意外と知られていないお酒のカロリーについて』です。

お酒大好きな方への要注意の記事です。

みなさん、お酒を飲む際、カロリーなんてあまり考えず楽しく飲みますよね。

でも、お酒がカロリーが高いってご存知でしたか?・・・


 『ビール3杯は苺パフェ2杯と同じカロリー!?
   意外と知られていないお酒の多大なカロリーについて』
 


カロリー.bmp

ダイエットをしているほとんどの人が、ケーキやチョコレートなどカロリーが多いとされる甘いものは避けているだろう。しかしお酒はどうだろうか? イギリスでは3人に2人がアルコールにどのくらいのカロリーが含まれているのか知らずに飲んでいるらしく、多くの人がアルコールの多大なカロリーによってダイエットの努力を水の泡にしているらしい。

今回アルコールが持つカロリーの多さを訴えかけているのはイギリスの慈善団体「Drinkaware」で、彼らによると消費者の約半数がダイエットを試みているにも関わらず、アルコールの量を減らすつもりでいる人は全くいないとのこと。

また、彼らがイギリスの成人2000人を対象に調査を行ったところ、3人に1人が来月のカロリー摂取量を計算するよう計画していたのだが、お酒のカロリー摂取量を計算する予定なのは10人に1人しかいなかった。つまりイギリスでは、お酒のカロリーの多さについて知らない人がそれほど多いということだ。

それでは実際に、アルコールにはどれくらいのカロリーが含まれているのか見ていこう。

アルコール度数4%のラガービール1パイント(500mlの缶約1本分)=砂糖でコーティングされたドーナッツ(193キロカロリー)

アルコール度数5%のラガービール3パイント(500mlの缶約3本分)=苺パフェ2杯(727キロカロリー)

ジントニック2杯=キャラメル4粒(104キロカロリー)

ワイン1杯=チョコレートアイス(134キロカロリー)

シャンパン1杯=糖蜜タルト1切れ(95キロカロリー)


これほど多くのカロリーがお酒に含まれていることは本当に知られていないようで、約半数の人がチーズバーガーには337カロリーあることを知っていたにも関わらず、175ミリリットルのワインに134キロカロリー含まれていることを知っていた人は3分の1以下だった。
つまり今回の調査結果は、お酒のカロリーについての無知が人々の肥満をもたらしていることを示唆している。これを受けて、Drinkawareの代表者クリス・ソレク氏は「きっと彼らは、生活の違う部分では健康にいい選択をしていることでしょう。しかし、ワインボトル一本をパートナーと分け合いながら飲んでも一日の適正飲酒量を超えること、そしてそれがチーズケーキ1切れと同じカロリーを含んでいることはきっと知らないでしょう」と語った。

ダイエットの敵とも言えかねないお酒。しかしお酒には、仲間との楽しいひと時をもたらしてくれるという素晴らしい一面もある。よってこれからは、そのカロリーをしっかりと意識しながら、上手くお酒と付き合っていきたいものだ。

by ロケットニュース24






QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。