レバレッジ とにかく健康の雑学と豆知識 Your SEO optimized title

とにかく健康の雑学と豆知識

処方薬・・・少しだけ安くするには


きょうは、病院で処方されるお薬を調剤薬局などで
無駄な料金を抑えるための自己防衛について。


みなさんも、一度はお医者さんから処方箋をもらって、
調剤薬局などで、お薬を処方してもらった経験ありますよね。


お薬代を払う時、その明細書にいつも”調剤技術料”と”薬学管理料”
という項目があり、お金を払わされてますよね。


なんで、病院で処方してもらってるのに??って、思いますよね。

患者からすれば、塵も積もれば山となるで、結構負担に感じます。


”調剤技術料”は拒否できないですが、”薬学管理料”については、
「自分で管理するので結構です。」と、はっきり言えば、点数で言うと41点、
3割負担で計算すると、120円の軽減になります。



例えば、毎月、糖尿病で通院して薬を処方してもらっている場合は、
毎回、同じく薬をもらい、同じ説明を聞かされて、無駄なお金を取られます。


こういった場合などは、

「毎回同じ薬だから、説明はいりません。だから”薬学管理料”は外して下さい。」

と、はっきり言いましょう。


以下に薬剤服用歴管理指導料の指導要領を抜粋しています。
詳しく、知りたい方は、どうぞ。

もうちょっと、知りたい・・・

それでは、下にある”続きを読む”をクリックしてください。

薬剤師.jpg


|§|薬学管理料(薬剤服用歴管理指導料)

注1 薬剤服用歴管理指導料は、患者に対して、
次に掲げる指導等のすべてを行った場合に処方せんの受付1回につき41点算定する。


イ 患者ごとに作成された薬剤服用歴に基づき、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量、効能、
 効果、副作用及び相互作用に関する主な情報を文書又はこれに準ずるもの
  (以下この表において「薬剤情報提供文書」という。)により患者に提供し、
  薬剤の服用に関して基本的な説明を行うこと。

ロ 処方された薬剤について、直接患者又はその家族等から服薬状況等の情報を収集して薬剤服用歴に記録し、
  これに基づき薬剤の服用等に関して必要な指導を行うこと。

ハ 調剤日、投薬に係る薬剤の名称、用法、用量その他服用に際して注意すべき事項を手帳に記載すること。

ニ 患者ごとに作成された薬剤服用歴や、患者又はその家族等からの情報により、
  これまでに投薬された薬剤のうち服薬していないものの有無の確認を行うこと。

ホ 薬剤情報提供文書により、投薬に係る薬剤に対する後発医薬品に関する情報
  (後発医薬品の有無及び価格に関する情報を含む。)を患者に提供すること。




薬剤服用歴管理指導料を取らないケース

薬歴は必ずしも作成する必要はありません。薬剤服用歴管理指導料を取らないのであれば41点を加算せずに安く上げることも可能です。ただし、情報提供義務は薬剤師法第二十五条の二で課されているので簡単な説明はしなければなりません。








続きを読む

QLOOKアクセス解析
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。